ライフティの増額のコツと増額の審査で調べられること

 

 

ライフティの増額方法

現在ライフティで借入をしていて、「今割り当てられている利用限度額だと借入れたい金額には足りない」とか、「利用限度額が10万円より低いので上限金利が20.0%で高くて困る」と思っている人は少なくないと思います。

 

そういう場合は増額にチャレンジすることができます。増額すると使える枠を増やしてもらえるので、これまでよりも使用が楽になりますし、場合によっては金利も引き下げられる可能性があります(利用限度額が10万円以上だと18.0%になる)。

 

ライフティで増額申請を出したい時は、会員ページの「マイページ」から行うことになります。ログインすると、「ご利用限度額変更申込み」という項目が出てくるので、そこから手続きすることが可能です。

 

増額申請する時のコツ

新規でライフティに申し込んで、希望通りの限度額を設定してもらえなかった場合、早いうちに増額を達成したくなるかもしれませんが、
あせりは禁物です。増額するということはお金をもっと貸し出すということなので、ある程度の信用がないとライフティは応じられません。

 

ですから少なくとも6カ月〜1年間くらいは大人しく今の利用額でコツコツと利用実績を重ねるのが良いでしょう。
1回だけとかではなく、ある程度コンスタントに借りると好印象になるはずです。もちろん延滞は絶対に起こさないようにすることが大事です。

 

別のコツとしては、利用限度額に近い額を借りてちゃんと返済をしていくことです。例えば5万円が利用限度額なら4,5万円借りて、ちゃんと返していくということです。

 

返済の時も最低返済額だけ返すのではなく、可能な限り早めに多めに返すと返済能力のアピールになるでしょう。返済額ぎりぎりを借りてちょっと返してすぐ追加借り入れだと良くないですが、完済してからまた借りれば返済に責任感を持って臨んでいることが伝わりやすくなります。

 

増額審査で調べられること

増額申請をすると再び審査が行われます。この時ライフティはこれまでの利用実勢をちゃんと判断します。延滞がないか、どんな頻度で借入をしてどんな返済をしていたかを見るでしょう。

 

また総量規制の関係で、もし他社からの借入れがあるのなら、年収の3分の1をオーバーしていないかもチェックするはずです。他にも年収が減っていないかなどの属性も見ます。

 

もし他社での延滞があったり、総量規制に引っ掛かっていることが明らかになれば、増額どころか減額される恐れもあるので、申請は慎重に行いましょう。

 

 

 

ライフティの増額のための必要な情報

 

 

増額すると良い事

ライフティで新規に契約すると、だいたいの場合は利用限度額は低く抑えられてしまいます。
信用情報や属性などによりますが、例えばブラックの人であればやはり3万円とか5万円といった額になってしまう可能性もあります。

 

ライフティの場合は上限金利が20.0%になっていますが、これは利用上限額が10万円を下回る場合です。2%の差はそれほど多いものではないにしろ、金利は安いに越したことはありません。
10万円の利用限度額を達成できれば2%下がるわけなので、増額を狙っていきたいところです。また利用限度額が100万円を超えると上限金利は15%となります。ですから現在限度額が80万円とか90万円あるというのであれば、やはり100万円への増額を目指していきたいところです。

 

ちなみに金利が18%で、50万円を2年かけて返済する場合、支払い利息は約99,000円になります。しかし金利が15%になるとその約82,000円です。差は約17,000円ですからこれは大きな差です。同じ額を同じ期間かけて返済するとしても、金利の違いでこれだけ支払額に差が出るので、増額による金利の引き下げには大きなメリットがあります。

 

増額のデメリット

増額することは良い事ばかりではありません。増額された結果これまで以上にお金を引き下ろせるようになるので使い勝手はよくなりますが、きちんと管理できないと借り過ぎの危険も出てきます。

 

20万円分増額されたらその分の借入れが余計に可能になりますし、金利がもし下がったのなら、つい気が緩んでしまうこともあるでしょう。ですからあくまで増額された場合のマネーコントロールができる自信があるのなら申請すると良いでしょう。また別の落とし穴として、増額申請を出した場合に、逆に減額されてしまうこともありえるので注意が必要です。

 

例えばライフティや他の業者で延滞を起こしていたとか、年収が下がってしまって総量規制にひっかかったとか、いろいろな理由で契約内容に影響が出ることもありえます。ですから信用情報にしても属性にしても大きなマイナスの変化がないことを確認したうえで申請しましょう。

 

ライフティでの増額申請の方法

ライフティで増額を申し込む方法はシンプルです。まず会員ページにログインします。そうすると「ご利用限度額変更申込み」という項目があるのでここから申請しましょう。ライフティには問い合わせ窓口がありますが、そこからではなく、この会員ページから受付がされているので注意しましょう。

 

 

 

ライフティは総量規制の対象か?

 

 

総量規制って何?

消費者金融業者で借入を申込したいという人が必ず意識しておくべきことがいろいろありますが、そのうちの一つが送料規制です。
総量規制とは、「消費者が貸金業者から借り入れるお金の限度額は最大でもここまでですよ」という制限を定めたルールのことです。
これは貸金業法という国の法律によって定められていることで、消費者金融業者独自のルールではありません。

 

貸金業法は消費者金融業者などが順守しなければいけない法律なので、この総量規制には当然ライフティも従わなければいけません。
では具体的にどれくらいの額までしか借入できないようになっているかというと、「融資を望む人の年収の3分の1まで」です。

 

分かりやすく言えば、年収が600万円の人なら200万円が最大可能額、年収が300万円なら100万円までが最大額、年収が90万円なら30万円までしか最大でも借りられないということです。この総量規制の目的は、消費者があまりに多額のお金を借り過ぎないようにすることです。返済能力に見合わないお金を借りれば後々どうなるかは明白です。この総量規制によって無理のない返済計画が少しでも進むようになっているわけです。

 

総量規制に関する他のポイント

総量規制があると借り過ぎや貸しすぎから守られるというメリットがありますが、多くの金額を借り入れたいという人にとっては面倒な障壁になるともいえます。
しかし多額のお金を借り入れる場合は、当然返済期間も長くなってきます。そうなるとそこにかかってくる利息の支払額もバカになりません。

 

もし多額のお金を借り入れて、なおかつ長い目で見て支払い総額を抑えたいと言うことであれば、総量規制のない銀行のカードローンのほうが良いでしょう。銀行の場合は上限金利が15%以下と言うところが多いので、そちらのほうが得です。

 

ちなみにライフティの場合は通常のフリーキャッシングに加えて、おまとめローンのサービスも提供されています。おまとめローンは借り換えローンと呼ばれることもありますが、他社からの複数の借入れへの返済を目的として新たにある業者から借り入れをすることです。

 

実はこのおまとめローンは総量規制の対象外として扱う事が可能です。これはおまとめローンが消費者の利益に寄与する商品だからです。2,3社の貸金業者からの借入れを、別の金利設定がもっと良い1社からの借入れによってまとめて返済してしまい、その新しい業者に今後返済を行っていくと言うシステムですが、もし新しい金利設定が他のところよりも数%安ければ、最終的な支払い総額をかなりおさえることができます。ライフティはこのような借り方をすることもできる便利な業者です。

 

ホーム RSS購読